いつか再びデザインを変えてエプロンドレスを作りたい

私は以前、エプロンドレスを作って、某所でエプロンとして着たことがありました。元々不器用なうえに、全部手縫いでしたので、完成までかなり時間がかかってしまいましたが、意外に着心地がよく、また作りたいと思っておりました。

 

ところが、最近になって、エプロンドレスについて、わかったことがあったのです。エプロンドレスは英語と和製英語によって、タイプが違っていたのです。和製英語で呼ばれるエプロンドレスは、衣服全体を覆う大きなエプロンです。「不思議の国のアリス」に登場しているアリスが着ていた、白いエプロン状のものを思い出していだければ、わかりやすいかと思います。

 

私も初めて知ったのですが、和製英語でエプロンドレスと呼ばれているものは、英語でピナフォアと呼ばれているそうです。英語ではエプロンドレスと呼ばれているものは、一般的にジャンパースカートや袖がないタイプのワンピースを指しているそうです。 よく女子中学生が着ていそうなものです。

 

私が作って、着たものはどちらなのか、わからなくなってきました。いわゆるジャンパースカートかどうか…まったく問題なく作業にも使えますし、生地が変われば、十分ジャンパースカートみたいに着られます。

 

上半身の部分はすっきりとしていて、ウエストから下はかなり布を使ってぐるぐると巻き付けるような感じでしたので、今度もしエプロンを作るとすると、別のデザインに切り替えて作ってみようと思います。今度はデザインをある程度は自分で考えてみようと思っています。